収入証明不要のカードローンは限度額が少額になることが多い!

syuunyusyoumeifuyou133

銀行の収入証明不要のカードローンは限度額が大きく設定されていますが、基本的にそうした高限度額対応の収入証明不要カードローンへ身分証明のみで申込をしても、審査結果で与えられる限度額は少額になる事が多いので注意が必要です。
例えば、楽天銀行は300万まで身分証明でOKになっていますが、そのまま身分証明だけで楽天銀行へ申し込んでも300万の限度額を持てる人はほぼいません。また、みずほ銀行なら200万まで身分証明でOKとなっていますが、こちらの銀行でも身分証明だけで200万を借りる事はほぼ不可能です。
お金を借りる立場から見ると、銀行の高限度額対応の収入証明不要カードローンは非常に魅力を感じます。身分証明だけで申し込むことができ、200万円や300万円など、各銀行が定めている限度額を収入証明を出さずに狙えるわけですから、大きなお金を希望する人にとってはかなりメリットが高いカードローンです。しかし、現実的には200万円や300万円など、大きな金額を借りる場合は原則収入証明不要となっていても収入証明の提出を求められることは多いです。また、身分証明だけで審査にチャレンジしても、与えられる限度額は50万など少額になることが大半なので、最初から大きな金額を希望するなら収入証明不要で申込OKでも、しっかりと収入証明を提出して申し込む方が良いです。
後から増額をして限度額を増やすという方法もありますが、最初から大きな限度額を持つ気なら審査を二度受ける事になりますし、何よりも希望額を得るまでに時間が掛かります。確実に希望する大口融資を実現させるなら、収入証明不要の対応限度額は気にせずしっかりと収入証明を提出して、審査で高評価を目指していくのが堅実です。
収入証明不要は面倒な書類を出す事なく大きな限度額に期待を持てますが、それほど大口融資を簡単に実現させてくれる銀行はありません。大抵は限度額50万、良くて100万ほどです。それ以上の限度額は収入証明を提出して審査に挑戦するのがオススメです。

低所得者が簡単にお得に借入するなら収入証明不要の銀行カードローンに注目

syuunyusyoumeifuyou56

審査に通りやすいカードローンはネットを使えばいろんな情報を発見でき、参考にしながら申込先を探せますが、そうした情報はすべてあくまでも推測の話です。これはカードローン選びを行う時に覚えておくべき基本的な事でもあります。どんなカードローン会社も合格できる条件を公開していないので、合格を目指しやすいカードローンは推測の元で判断することになります。そこで重要になってくるのが可能性です。
低所得者の方は収入が不安定であり、収入が低い事から合格できるカードローンを見つけることが難しいです。審査が甘いという情報を元に申込をしても不合格になってしまうケースも多いです。低所得者の方が合格できる可能性が高いカードローンは収入証明不要の銀行カードローンです。
低所得者の方が合格できる可能性が高い理由は収入証明不要だからです。どうして銀行によって収入証明不要でカードローンの申込が出来るのか、この点を少し考えてみると答えが分かります。これは単純に収入証明不要の申込を行っている銀行が収入証明を見なくても、合格を与えて融資出来ると自ら判断しているからであり、本当にしっかりと申込者の収入をチェックしたいならこのような措置は取りません。ある一定の条件までなら収入の高低差に関係なく、融資をしても返済出来ると銀行が判断しているので、審査の基準は基本的に甘いと推測出来ます。ある一定の条件というのは各社で公開されている他社総額いくらまでという部分になりますが、この限度額を各社で比較しても限度額200万など、かなり大きな限度額まで認めているので、この点からも審査基準が甘いと推測出来ます。他社総額というのは他社で借金を持っている場合にその借金+これから借りる限度額の事を指しています。
低所得者でも他社で借金を持たない状態で、収入証明不要の銀行カードローンへ申し込みをすれば、かなり合格には期待を持てます。また、銀行カードローンは申込対象者が幅広く、正社員以外を対象としている銀行が多い事も嬉しいポイントです。

収入証明書不要なカードローンは契約後も収入証明不要で増額が狙える!

syuunyusyoumeifuyou83

収入証明書不要なカードローンは身分証明だけで審査に合格して契約出来ますが、契約後に増額をしたい時も会社によっては収入証明書不要で増額出来ることがあります。収入証明書不要で増額を狙う為のポイントは対応限度額です。
カードローンによって収入証明書不要で狙える限度額が違いますが、契約後に収入証明書不要で増額を狙うなら基本的に対応している限度額が大きなカードローンを選んでおく事がポイントです。50万円まで収入証明書不要というカードローンより、100万円まで、200万円までと、大きな限度額に対応しているカードローンを選んでおけば、契約後もその限度額までなら収入証明書不要で増額出来る可能性が高まります。
カードローンを契約してから増額をする場合は収入証明書不要に対応している会社でなければ、収入証明書を提出して増額審査を受けるのが基本です。しかし、収入証明書不要のカードローンの場合は増額したい場合でも、限度額によっては何も書類を提出せずに増額審査を受けれるので、これは一つの便利なポイントです。後々、増額から限度額を増やしたいと思う可能性があるなら、収入証明書不要で大きな限度額を狙えるカードローンで契約しておくと楽に増額申請出来ます。
少し特殊なケースを紹介しておくと、契約後にカードローンの増額のお知らせを受け取れることがありますが、この場合も収入証明書不要のカードローンだと、収入証明書不要で狙える限度額の範囲までならば、そのまま審査も無しですぐに増額出来ることがあります。仕組みとしては収入証明書不要で融資出来る限度額までを対象に会社が増額のお知らせを出しているので、すでに審査済みで増額のお知らせを受け取れば簡単に増額の契約が出来るというわけです。このような特殊なケースも考慮しておくと便利です。
収入証明書を提出せずに増額出来るのは非常に楽です。契約後の増額も視野に入れながら収入証明書不要のカードローン選びをするのがオススメです。

収入証明不要のカードローン会社の人気トップ3

syuunyusyoumeifuyou67

収入証明不要で、カードローンが出来る会社が、最近ではたくさん出てきました。そこで、限度額や審査スピード、その他の各会社固有の知って得する条件についてまとめます。
みずほ銀行のカードローンは、利用限度額が200万円以下なら、収入証明や、本人確認書類は、要りません。また、みずほ銀行に口座を持っている場合、来店不要で、WEB申し込みが可能なので、最短で、即日の融資を受ける事が出来ますし、カードローンの口座を開設後、すぐに自分のキャッシュカードで利用出来ます。みずほ銀行カードローンの最大の売りは、専業主婦でも借りることが出来る点です。

次に、ご紹介するのは、特典の多いオリックス銀行カードローンです。利用限度額が、最大300万円まで、所得証明が不要なので、他社と比較して、収入証明不要の限度額としては、一番大きい金額の融資が出来るカードローンです。その他の特徴として、最短で、即日の借り入れが出来る事に加えて、申し込みからキャッシングまで全てWEBで出来ますので、面倒な口座開設の手続きや、来店の必要が無いので、便利です。また、全ての提携ATMの手数料が0円という大きなポイントもついています。期間限定で、金利0%キャンペーンも行っていますので、借り入れの申し込み時には、要チェックです。

新生銀行カードローンレイクも、収入証明不要でキャッシング可能な会社として見逃せません。審査結果は、ネットの画面で、すぐに確認できて、14時までに申し込めば、最短で、即日の融資が可能です。そして、収入証明が不要で借りる事が出来る限度額は、100万円までですが、レイク独自の無利息ローンが2パターン有りますので、自分で、選択する事が出来ます。1つ目は、契約金額が200万円までなら、借入金額の中の5万円までが180日間無利息で借り入れが出来るローンで、もう一つは、契約金額にかかわらず、30日間無利息で借りられるローンです。いずれも、初めてレイクを利用する人の為の特典になっています。さらに、手数料は、無料なので、無駄な出費を抑えられます。

 

失敗しない収入証明書不要カードローンの選び方

syuunyusyoumeifuyou80

2010年に改定された賃金業法の改正に伴う総量規制により、消費者金融などの賃金業者で利用する場合には収入証明書の提出が義務化されました。これに伴い、収入証明書がないとお金は借りられないのでは、そう思っている方も多いのではないでしょうか。提出書類が増えればそれだけ時間が掛かり、今日明日中にお金が必要でも用意できないかもしれません。そもそもカードローンの特徴は、申し込みしてから即日融資される事が特徴なサービスです。しかしいざ利用しようとした時に、収入証明書が必要になってしまうと、それを用意するだけで時間が掛かってしまい、即日融資どころではありません。しかしながら、中には収入証明書不要なケースもあります。消費者金融のカードローンでは、借入限度額が50万円以下の場合や数社からの借入合計金額が100万円以下の場合では原則不要となるケースは多いです。又、銀行カードローンは総量規制の対象外になりますので提出の義務はなく、中には借入限度額300万円まで収入証明書が不要なところもあります。収入証明書を用意せず本人確認書類のみで借入をしたいという方には、先にも述べた様に借入限度額を抑えるようにしましょう。そして気をつけたいのが、収入証明書不要ということのメリットについてです。書類を用意する手間が掛からないといった事は意外に、実はもうひとつ大きなポイントがあります。収入証明書が不要となる借入額までは、審査は比較的やさしいという事です。そもそも収入証明書は、各金融機関がローンの審査をするときに、申込み者の返済能力を確認するために使用されます。したがって、上記の様に借入限度額を超える場合は高額融資となる為、やはり慎重な審査を行わなければいけないという事です。つまりは、収入証明書の提出が必要なケースは審査に時間が掛かるという事でもあり、場合によってはカードローンに特徴でもある即日融資は難しくなる場合もあります。今日明日中にお金が必要でカードローンを利用する場合には、収入証明書不要なカードローンを選択する事が得策といえます。

収入証明書不要なカードローンを利用出来る条件とは

syuunyusyoumeifuyou161

カードローン審査では返済能力を調査されて判断される事になり、審査時は身分証明書や収入証明書等、必要に応じた書類を提示する必要があります。

身分証明書に関しては運転免許証やパスポート等があれば受け付けてもらえますし、身分証明は必ず必要な書類という事になっていますが、収入証明書は状況に応じて不要になる書類です。

収入証明書不要なカードローンを利用出来る条件と言うのは、少額のフリーローンを利用する場合であり、一般的には一社から50万円、複数業者の合算で100万円を超える借金でなければ収入証明書不要でカードローン審査に挑む事が可能になります。

大きな借り入れになると収入証明書は必須であり、目的別ローンのように大きな金額を借り入れする可能性が高いものは、購入するものを証明する書類や収入証明書が必要です。

目的ローンは住宅ローンや車ローン、リフォームローン等のような用途が明確なローンであり、こうしたローンは低金利で利用出来る特徴がありますから、フリーローンを利用するよりも金利を低く借り入れ可能ですから有利です。

用途自由な小さな借り入れでも収入証明書が必要な例もあり、例えば収入が無い専業主婦のような立場でキャッシングやローンを利用したい場合には、銀行では配偶者の収入証明書を提示する事で利用出来る仕組みがあり、専業主婦の場合は配偶者との婚姻を証明する書類や収入証明書を提示する事が必要になっています。

収入証明書が必要な場合、不要な場合にはこうした線引きがありますが、いずれにしても返済能力を認めてもらう事が出来ない場合はカードローン審査に通過出来ないですし、返済能力というものは年齢や職業、借り入れ件数、年収や借金履歴等のような客観的に判定可能な要素でチェックされる事になります。

過去の借金で延滞や滞納を繰り返した事がある場合は金融情報に記録が残っていて、それが原因で審査に通らない事もあるものです。

他にも借り入れ件数が多い場合にも敬遠される事もありますから、それらのポイントを押さえて金融業者には借り入れ希望に応じた必要書類を提示して利用する事が望ましいです。

収入証明書不要なカードローンを利用する為のポイント

syuunyusyoumeifuyou196

急な出費に便利なカードローン。用途自由や担保・保証人の設定も原則必要無い為、審査にかかる時間は短く済む為、即日あるいは翌日融資が可能なスピーディーなサービスです。しかしながら、必ず誰でも利用できる事ではなく、一定の基準を満たす事は必要です。いざという時に利用してみたは良いけど、実際には審査を通過できなかった、そんな事にならない為に審査を通過できるポイントを覚えておきましょう。まず、一般的に審査が通る為に必要とされるポイントは次のとおりです。20歳以上等年齢条件を満たしていること、一定の収入があること、そして他社からの借入が複数ない事です。これらの条件は、審査に通る為の最低限必要な条件ともいえますので、クリアできるようにしておきましょう。そして審査に必要な書類は、本人確認の為の免許証やパスポート、各種保険証や、本人確認書類に記載されている住所が異なる場合には、公共料金の領収書や住民票の写しなどのが必要となります。又、貸金業法の改正に伴い、総量規制の関係から、収入証明書を提出するケースもあります。少額の借入であれば、収入証明書が不要な場合もあるのですが、高額の借入になる場合は準備が必要です。ちなみに収入証明書とは、給与支払明細書や源泉徴収票、課税証明書などのことです。ちなみに収入証明書の提出に際して、業者や先にも述べた借入限度額等によっては収入証明書が不要となる場合があります。例えば、消費者金融系の機関では利用限度額が50万円を超える場合や、他の貸金業者からの借入の合計額が100万円を超える場合が必要となるケースが多いです。一方、大手メガバンクや地銀など銀行系の機関では利用限度額が100万円から300万円以下であれば提出は不要となっているケースが多いです。この様に、借入する金融機関によっても収入証明書の提出は様々です。源泉徴収票や所得証明書を用意するのには時間も手間もかかります。収入証明書を用意せず本人確認書類だけで借入を行いたいという方には、銀行カードローンがおすすめといえます。

収入証明不要なカードローンはサラ金より銀行が有利

syuunyusyoumeifuyou144

収入証明不要なカードローンはサラ金でも見つけることが出来ますが、確実に銀行の方が有利です。収入証明不要なカードローンの銀行とサラ金の大きな違いは主に二つあります。
1つは収入証明不要で申し込める限度額の違いに注目です。まず、消費者金融で収入証明不要で申し込める会社はプロミスやアコムがあります。この2社を例に挙げますと、どちらの会社も限度額50万までなら収入証明不要となっています。では、銀行はどのくらいの限度額まで対応しているのか?銀行の場合はサラ金と違ってかなり多くの会社を見つけることが出来ますが、低い対応限度額でも限度額100万まで収入証明不要な銀行が多いです。いくつかの銀行を例に紹介すると、みずほ銀行は200万、三井住友銀行は300万、楽天銀行も300万です。他にも数社ありますが、どの銀行もサラ金より大きな限度額まで対応していることが特徴です。
2つ目の注目点は金利です。収入証明不要なのは申込時の書類が簡単な事が嬉しいポイントですが、同じ簡単申込でもサラ金より銀行が低金利です。プロミスの金利は4.5%~17.8%、アコムの金利は4.7%~18.0%です。みずほ銀行は4.0%~14.0%、三井住友銀行は4.0%~14.5%、4.9%~14.5%です。この金利の違いは上限金利の優位性が全く違う内容で銀行は上限金利がかなり低くなっています。身分証明書だけで簡単申込出来る上に金利も有利、これが銀行カードローンのメリットです。
また上記の2点以外にも、サラ金から収入証明書不要で申し込める会社を探すより、銀行の方が遥かに申込先の選択肢が多い事も有利なポイントです。あれこれ各社の金利など融資条件を比較しながら借りやすいところを探すなら、銀行の方が様々な意味で借りやすいカードローンを見つけやすいです。ちなみに収入証明不要のカードローンは他社総額という点を意識しながら申込先を探すことがポイントです。借金を持っているなら、なるべく他社総額の限度額が大きなカードローンを選ぶと便利です。

収入証明書が不要のカードローンの基礎知識

syuunyusyoumeifuyou143

カードローンやキャッシングを利用する際に収入証明書が必要かどうかを決定的に決めるのは法律です。そしてその法律が銀行と銀行以外の金融機関、いわゆる貸金業者では大きく異なっています。
まず、銀行以外の金融機関、いわゆる貸金業者に適用される法律は貸金業法であり、2010年の改正によって、一社からの借り入れの場合には1社での借り入れが50万円以上になる場合、複数の会社からの借り入れの場合では合計額が100万円以上になる場合には収入証明書がないと融資をしてはいけないことになりました。これは法律上の規制なので、それぞれの貸金業者が金額を決めているわけではありません。もちろん、規制条件以下でも収入証明書を求めることも貸金業者の判断をしておこなうことは可能です。
そして、それだけではなく貸金業法では同じく2010年の改正によって貸金業者に対して総量規制も課しています。総量規制とは年収の3分の1以上の融資を制限する規制で、仮に100万円の借り入れをしようとするならば300万円以上の収入がないといけないということになります。
それに対して銀行に適用されるのは銀行法です。銀行法には収入証明書やそれに類する書類の提出を求めるような規制はありませんので、法律上は収入証明書がなくともいくらでも融資することができます。しかし、たいていの銀行のカードローンは無制限に融資するわけでもありませんし、収入証明が全く不要であるというわけでもありません。それぞれの銀行が独自の基準を持っており、ある程度の金額になれば収入証明書の提出を求める場合がほとんどです。
そして、銀行法では総量規制もありませんので、銀行では顧客の収入額に関係なく無制限に融資を行うことが法律上では可能です。
これから考えれば、銀行の方が有利のように感じるかもしれませんが、実際には銀行のカードローンでは審査が厳しいので、貸金業者よりも簡単に融資を受けられことはないことがほとんどです。

収入証明不要のカードローン審査合格!与信と他社借入は高評価を得たい

syuunyusyoumeifuyou147

収入証明不要のカードローン審査で合格を目指す為に与信と他社借入は高評価を得ることが大事です。収入証明不要のカードローンだと、基本的に他社総額の条件をクリア出来るなら収入面の審査は簡単にパス出来ます。なるべく希望額を小さく抑えて申し込めば良いです。
収入面をパス出来るとなれば、問題なのが与信と他社借入です。与信に問題があると大抵は審査に落ちます。他社借入に問題があると、これは審査で収入証明の提出を求められる可能性が高くなりますし、前提条件となるのは他社総額をクリアする事です。
他社総額100万となっている場合、他社で90万を借りていると残り10万に関しては収入証明不要で合格できる可能性が残されますが、注意点は自社でいくらなのかという点です。他社総額100万自社で50万など、申込先によって他社総額+自社でいくらまでの融資なら収入証明が不要となるのか条件が変わってきます。その為、極力他社で借入をしていない状態の方が収入証明を提出せずに合格できる可能性は高まってきます。
与信に問題がない、他社で借入がない、この状態がベストです。この状態で収入証明不要のカードローンへ申し込みをすれば無職でもない限りは合格出来ます。他に注意しておくことは申込用紙で融資の目的を記載する時に事業目的と書かないことです。事業目的に対応していないカードローンは多いです。仮に事業目的で借りるつもりでも、生活費など他の目的を記載しておくことが大事です。
一般的に収入証明不要のカードローンは申込時の書類が簡単という部分をメリットと捉えている方が多いですが、本当のメリットは審査基準が低い事です。収入証明不要な事から収入面の審査をパス出来るので、与信や他社借入など他のスコアリングで良い評価を得ることが出来るならほぼ合格できると言っても過言ではありません。意外と知られていない事実なので、合格しやすいカードローンを探すなら考慮しておきたいポイントです。

収入証明書不要のカードローン審査基準はこれ!確実に審査に通る為に

syuunyusyoumeifuyou6

金融機関におけるカードローン審査というのは、基本的にその申込者の属性を点数化したスコアリングという方法で行われることが多いと思います。

なぜかと言いますと、そもそも銀行・消費者金融業ともども、非常に短時間(中には30分以内とか)で審査することをうたっているところが最近は多いのですが、そのような場合、ひとりひとりのお客様の要望を聞いて審査していたらとても時間が掛かってしまって、効率が極端に落ちるからです。

だから、人間を属性によってグループ化し、それを点数化することで、申込者がどのような状態にあるのかが判定でき、一定の点数以上になれば、そのカードローンを発行する方式を取っているのです。だから場合によれば、「収入証明書不要」でもカードローンが発行可能になっているのです。

ただ、その場合は、やはりある程度属性でその金融機関が重きを置いている個所において高得点を取れないことには、「収入証明書不要」の状態でのカードローン発行は難しいと考えます。
具体的には、まず年齢などは30歳以降の働き盛りであること、住まいは最低本人もしくは家族の持ち家であること、居住年数も5年くらいは必要であり、勤め先も最低1年以上の勤務実績は求められます。
給与水準が高いに超したことはありませんが、それより勤務年数が長く安定して給与をもらっている実態のほうが重要視されます。
結婚しててもいいのですが、むしろ未婚のほうが本人の給与対比で、可処分所得が多いと判断されて、高得点を取れます。

最近は携帯電話しか持たない人が圧倒的になってきましたが、いざというときのための連絡先として固定電話の連絡先をもっているほうがスコアリングは高くなります。
さらに、絶対やってはいけないこと。うその申告です。審査の途中やカードローン発行後にばれた場合、一挙に信用が失墜しますし、悪質な場合は警察に通報されます。くれぐれも自覚して申込しましょう。
そのほか、申込の前に他の金融機関で借りているローンやクレジットカードの返済で延滞や滞納がないかちゃんとチェックしておきましょう。あれば、絶対審査には通りません。
以上を理解確認したうえで、問題ないようでしたら、金融機関へ出向いて申込してください。

金融機関によってスコアリングのウェイトも異なりますので、審査が通る場合も通らない場合もあります。
一か所でだめでも他所では可能かもしれません。審査とはそういうものだと認識しておいてください。

300万円まで収入証明書不要のキャッシングサービス
イオン銀行カードローン