収入証明不要のカードローンは限度額が少額になることが多い!

syuunyusyoumeifuyou133

銀行の収入証明不要のカードローンは限度額が大きく設定されていますが、基本的にそうした高限度額対応の収入証明不要カードローンへ身分証明のみで申込をしても、審査結果で与えられる限度額は少額になる事が多いので注意が必要です。
例えば、楽天銀行は300万まで身分証明でOKになっていますが、そのまま身分証明だけで楽天銀行へ申し込んでも300万の限度額を持てる人はほぼいません。また、みずほ銀行なら200万まで身分証明でOKとなっていますが、こちらの銀行でも身分証明だけで200万を借りる事はほぼ不可能です。
お金を借りる立場から見ると、銀行の高限度額対応の収入証明不要カードローンは非常に魅力を感じます。身分証明だけで申し込むことができ、200万円や300万円など、各銀行が定めている限度額を収入証明を出さずに狙えるわけですから、大きなお金を希望する人にとってはかなりメリットが高いカードローンです。しかし、現実的には200万円や300万円など、大きな金額を借りる場合は原則収入証明不要となっていても収入証明の提出を求められることは多いです。また、身分証明だけで審査にチャレンジしても、与えられる限度額は50万など少額になることが大半なので、最初から大きな金額を希望するなら収入証明不要で申込OKでも、しっかりと収入証明を提出して申し込む方が良いです。
後から増額をして限度額を増やすという方法もありますが、最初から大きな限度額を持つ気なら審査を二度受ける事になりますし、何よりも希望額を得るまでに時間が掛かります。確実に希望する大口融資を実現させるなら、収入証明不要の対応限度額は気にせずしっかりと収入証明を提出して、審査で高評価を目指していくのが堅実です。
収入証明不要は面倒な書類を出す事なく大きな限度額に期待を持てますが、それほど大口融資を簡単に実現させてくれる銀行はありません。大抵は限度額50万、良くて100万ほどです。それ以上の限度額は収入証明を提出して審査に挑戦するのがオススメです。

コメントを残す