収入証明書不要なカードローンを利用出来る条件とは

syuunyusyoumeifuyou161

カードローン審査では返済能力を調査されて判断される事になり、審査時は身分証明書や収入証明書等、必要に応じた書類を提示する必要があります。

身分証明書に関しては運転免許証やパスポート等があれば受け付けてもらえますし、身分証明は必ず必要な書類という事になっていますが、収入証明書は状況に応じて不要になる書類です。

収入証明書不要なカードローンを利用出来る条件と言うのは、少額のフリーローンを利用する場合であり、一般的には一社から50万円、複数業者の合算で100万円を超える借金でなければ収入証明書不要でカードローン審査に挑む事が可能になります。

大きな借り入れになると収入証明書は必須であり、目的別ローンのように大きな金額を借り入れする可能性が高いものは、購入するものを証明する書類や収入証明書が必要です。

目的ローンは住宅ローンや車ローン、リフォームローン等のような用途が明確なローンであり、こうしたローンは低金利で利用出来る特徴がありますから、フリーローンを利用するよりも金利を低く借り入れ可能ですから有利です。

用途自由な小さな借り入れでも収入証明書が必要な例もあり、例えば収入が無い専業主婦のような立場でキャッシングやローンを利用したい場合には、銀行では配偶者の収入証明書を提示する事で利用出来る仕組みがあり、専業主婦の場合は配偶者との婚姻を証明する書類や収入証明書を提示する事が必要になっています。

収入証明書が必要な場合、不要な場合にはこうした線引きがありますが、いずれにしても返済能力を認めてもらう事が出来ない場合はカードローン審査に通過出来ないですし、返済能力というものは年齢や職業、借り入れ件数、年収や借金履歴等のような客観的に判定可能な要素でチェックされる事になります。

過去の借金で延滞や滞納を繰り返した事がある場合は金融情報に記録が残っていて、それが原因で審査に通らない事もあるものです。

他にも借り入れ件数が多い場合にも敬遠される事もありますから、それらのポイントを押さえて金融業者には借り入れ希望に応じた必要書類を提示して利用する事が望ましいです。

コメントを残す