失敗しない収入証明書不要カードローンの選び方

syuunyusyoumeifuyou80

2010年に改定された賃金業法の改正に伴う総量規制により、消費者金融などの賃金業者で利用する場合には収入証明書の提出が義務化されました。これに伴い、収入証明書がないとお金は借りられないのでは、そう思っている方も多いのではないでしょうか。提出書類が増えればそれだけ時間が掛かり、今日明日中にお金が必要でも用意できないかもしれません。そもそもカードローンの特徴は、申し込みしてから即日融資される事が特徴なサービスです。しかしいざ利用しようとした時に、収入証明書が必要になってしまうと、それを用意するだけで時間が掛かってしまい、即日融資どころではありません。しかしながら、中には収入証明書不要なケースもあります。消費者金融のカードローンでは、借入限度額が50万円以下の場合や数社からの借入合計金額が100万円以下の場合では原則不要となるケースは多いです。又、銀行カードローンは総量規制の対象外になりますので提出の義務はなく、中には借入限度額300万円まで収入証明書が不要なところもあります。収入証明書を用意せず本人確認書類のみで借入をしたいという方には、先にも述べた様に借入限度額を抑えるようにしましょう。そして気をつけたいのが、収入証明書不要ということのメリットについてです。書類を用意する手間が掛からないといった事は意外に、実はもうひとつ大きなポイントがあります。収入証明書が不要となる借入額までは、審査は比較的やさしいという事です。そもそも収入証明書は、各金融機関がローンの審査をするときに、申込み者の返済能力を確認するために使用されます。したがって、上記の様に借入限度額を超える場合は高額融資となる為、やはり慎重な審査を行わなければいけないという事です。つまりは、収入証明書の提出が必要なケースは審査に時間が掛かるという事でもあり、場合によってはカードローンに特徴でもある即日融資は難しくなる場合もあります。今日明日中にお金が必要でカードローンを利用する場合には、収入証明書不要なカードローンを選択する事が得策といえます。

コメントを残す